スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


小学生の4人に1人は「缶けりをしたことがない」――その理由は?(Business Media 誠)

 子どものころに「缶けり」をしたことがある人はどのくらいいるのだろうか。20代以上の人に聞いたところ、92.4%の人が「したことがある」と回答。ただ、いまの小学生に聞いてみると「したことがある」は25.0%にとどまっていることが、UCCの調査で分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 缶けりをしたことがないという小学生に、その理由を聞いたところ「場所がなかった」(37.3%)と答えた子どもが最も多かった。このほか「一緒にする人がいなかった」(37.3%)、「時間がなかった」(12.0%)、「面白くない」(9.3%)、「ルールが複雑」(4.0%)と続いた。「その他」と答えた人のうち、「缶けり自体を知らない」が10.7%。「缶けり」といえば大人にとっては定番の遊びの1つともいえるが、いまの子どもにとっては缶けり自体を「知らない」という人が多いようだ。

●缶けりを一緒にしたいサッカー選手

 缶けりをしたいと思っている人はどのくらいいるのだろうか。大人で「缶けりをしたいと思う」と答えた人は40.4%、小学生で62.0%。缶けりを実際にしたことがない小学生でも、興味を持っている人は多いようだ。

 ちなみに缶けりを一緒にしたいサッカー選手を聞いたところ、1位は「中村俊輔」、2位「三浦知良」、3位「中田英寿」という結果に。小学生のトップは「中村俊輔」に対し、20代以上は「三浦和良」。「中村俊輔選手と三浦知良選手は現役として活躍中だが、中田英寿さんは既に現役を引退しているのにもかかわらず上位に。多くの人にとっては永遠のスターなのかもしれない」(UCC)

 インターネットによる調査で、小学生100人、20代以上の男女500人が回答した。調査期間は5月28日から5月31日まで。【土肥義則】

【関連記事】
水道水がおいしくなった理由は?
マックやモスが、コーヒーを強化する理由
喫茶室ルノアールにあって、スターバックスにないもの

PKO強化、ODA増額を=菅新内閣に要望―元国連次長(時事通信)
社員85人が不正乗車=IC券悪用、5人解雇―JR東海(時事通信)
<自殺>東京・練馬の公園で中3男子 体にあざも(毎日新聞)
「経済成長」と「財政再建」で意見交換−民主議連・国家財政考える会(医療介護CBニュース)
はやぶさ後継機仕分け、枝野氏「工夫求めただけ」(読売新聞)

他人まね嫌う大阪人…ラーメン根付かぬ文化のなぜ?(産経新聞)

 ゴールデンウイーク明けの5月初旬。大阪・ミナミの居酒屋にラーメン部員が集まり、今後の方針について、意見をぶつけ合った。

  [フォト]ラーメンバトル個性派ズラリ!優勝「牛タンラーメン」の実力は?

 「大阪には地域色のあるラーメン文化がなんで根付かないんやろう」

 「大阪といえば粉モン文化。ラーメンも一種の粉モンなのに不思議ですよね」

 実は意外にも大阪はラーメン店が少ない。電話帳に登録されているラーメン店を調べてみると、大阪は人口1万人あたり1.2店(東京は3.1店)で全国最低。ちなみにうどん店は約2倍の2.2店。この数字だけを単純に比較すれば、大阪人はラーメンよりむしろ、うどんを好む傾向ということになる。

 とはいえ、大阪が全国ワーストというのはあまりにも寂しい。なぜ大阪にラーメン店が少ないのかという疑問は残るが、まずは「究極の一杯」を目指したラーメン作りにこだわりたい。そのヒントを探るべく、「自分は博多ラーメンで育った」と豪語する伊豆丸亮が立ち上がった。

 向かった先は、今年4月にオープンしたばかりのつけ麺専門店「宮田麺児」(大阪市中央区)。お笑い芸人、シャンプーハットのてつじ氏(34)がプロデュースしたことで話題になった店でもある。

 「フランスパンも麺やで」「小麦は絶対に裏切らへん!」。伊豆丸の取材を快く受けてくれたてつじ氏だが、さすがは「つけ麺王子」と呼ばれるだけあってコメントもひと味違う。「ラーメンにしろ、うどんにしろ、大阪の麺食はメーンがスープ。麺の地位が不当に低いんです」

 これはギャグなのか、それとも本気なのか。戸惑う伊豆丸をよそに麺へのこだわりを熱く語ったてつじ氏。取材が一段落した後、伊豆丸は勧められるがままに3杯をあっさりたいらげてしまった。

 空腹を満たし、趣旨を忘れかけた伊豆丸だが、ここでようやく本題を切り出す。「大阪にご当地ラーメンがないのはなぜ?」。てつじ氏の答えは明快だった。「大阪は何でも受け入れてしまって、特化しないんですよ」

 良いものは素直に受け入れる半面、型にはめられることを嫌う「気質」。大阪人特有の感性が、ご当地ラーメンを根付かせない背景にあるのか。ただ、究極のラーメン作りを目標に掲げる以上、途中で投げ出すわけにはいかない。

 ここでもう一人、ラーメン部が送り出したのは、一流フランスシェフの息子で「食通」を自称する藤谷茂樹。関西グルメ雑誌「ミーツ」などで執筆するグルメライター、曽束政昭氏(41)に大阪のラーメン事情についてうかがった。

 「大阪はうどん文化が色濃く、ラーメンの入る余地が狭かった。それに、大阪人には『ただ真似すんのはいや』という気質もあり、『この食材をみんなで使いましょう』となりにくい」

 とても丁寧な語り口の曽束氏だが、藤谷が「大阪のご当地ラーメンを作りたい」と尋ねると、一転して厳しい視線を向けた。「それは難しいですね。例えば河内鴨と泉州の魚介など、3つの地域が融合しないと大阪らしさは出ない。でも、うまくまとまりますかね…」

 考えてみれば、有名なご当地ラーメンは、店によって多少の違いがあっても、スープの味や麺作りのベースは同じだ。大阪の食材でどう表現するか、ポイントはそれに尽きる。

 取材を終えた藤谷を囲んでミナミに集結したラーメン部。さっそく“壁”にぶち当たり意気消沈したのか、いまひとつ盛り上がらない。すると、田中一世が突然テーブルをたたいて言い放った。

 「こうなったら指折りのラーメン職人に協力を仰ぐしかないですよ」。ラーメン部の危機を乗り越えるべく、わらをもすがる思いで再びあの男を訪ねた。

 ★これまでのあらすじ★ 大阪のご当地ラーメン作りを目指し、産経新聞大阪社会部の記者たちが勢いだけで結成した「大阪ラーメン部」。達人として名高い「支那そばや」店主、佐野実氏を訪ね、食材の大切さなど貴重なアドバイスをいただく。

 ■田中一世(30)

 千葉県出身。5年間の大学生活で「主食はラーメン」が定着。

 ■藤谷茂樹(28)

 千葉県出身。最近よくラーメンを食べる。彼女も募集中。

 ■伊豆丸亮(33)

 福岡県出身。外食マニア、エンゲル係数は「K点越え」らしい。 

 35歳以下の記者で取材・執筆しています。投稿やお便り、質問は下記のアドレス(月刊オーサカ箱【U35】編集部)までお寄せください。

u35@sankei.co.jp

【関連記事】
トマトラーメン 健康志向追い風の赤い新定番!?
富山の人気ラーメンをカップめんに サークルKサンクス 
ラーメン“ネタ”交換 フジとWOWOWが異色コラボ
韓国では居酒屋ブーム 日本食が大好き
サラダ麺ブームの兆し 背景に女性の健康志向

柔道女子高生、技あり 明石・強盗未遂 男の携帯番号聞き出す(産経新聞)
駐中国大使に丹羽氏=国交回復後初の民間人―伊藤忠相談役、政治主導で(時事通信)
<東海道新幹線>神奈川県内に新駅設置 リニア開業後(毎日新聞)
菅新内閣に期待57% 本社・FNN合同世論調査(産経新聞)
4日に代表選と組閣 菅副総理が先行 海江田氏擁立論も浮上(産経新聞)

バンコクで邦人2人逮捕=日本への不法入国手助け容疑も(時事通信)

 【バンコク時事】タイ入管当局は25日までに、入国管理法違反容疑で別宮光一郎(61)、田中晋介(66)両容疑者をバンコクで逮捕した。千葉県警が2008年に入管難民法違反容疑で逮捕状を取り行方を追っていた。
 捜査関係者によると、別宮容疑者は24日、バンコクの入管施設にビザの更新に訪れた際、身柄を拘束された。同容疑者の供述から、田中容疑者の居場所を突き止めたという。
 両容疑者はタイ人女性が他人名義のパスポートを使い、成田空港から不法入国する手助けをした疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
夜間外出禁止令を延長=元首相にテロ容疑で逮捕状
元収容所長、7月判決=ポト派裁判で初
邦人生活も正常化へ=夜間外出禁止令は延長
ステージ撤去、生活正常化へ=タクシン派デモ会場
放火の商業施設から1遺体=タイ

<殺人>入店直後に刺す? 大阪パチンコ店の男性客刺殺(毎日新聞)
辻元・国交副大臣、涙ぬぐい「さみしいしつらい」(読売新聞)
日航機のタイヤ破損、滑走路閉鎖=羽田空港で着陸時―国交省(時事通信)
炎上タクシーの中から男性?遺体 神奈川(産経新聞)
日曜劇場『特上カバチ!!』最終回(3月21日よる9時)に大野智が友情出演!! 株式会社TBSテレビ

乳酸菌飲料「ピルクル」に酵母混入、自主回収(読売新聞)

 日清ヨークは20日、乳酸菌飲料「ピルクル」の一部商品に誤って酵母が混入したため、出荷済みの38万8000本(500、1000ミリ・リットル)と、8万9000パック(65ミリ・リットルの10本セットなど)を自主回収すると発表した。

 回収対象は、賞味期限が今年5月30日〜6月1日の商品で、沖縄を除く全国のスーパーやコンビニエンスストアなどで販売された。風味などが劣る可能性があるが、飲んでも健康に問題はないという。

 問い合わせは、同社消費者センター(0120・490・117、午前9時〜午後5時30分)へ。

<ケシ栽培>神奈川県が「問題なし」と誤指導 藤沢の農家に(毎日新聞)
パンダ 来年3月に上野動物園で一般公開 東京都が見通し(毎日新聞)
禁煙したい喫煙者、「増税を機に」が6割以上
覚せい剤1.3キロ飲み込み密輸=ナイジェリア人逮捕―成田(時事通信)
入居率増で介護事業28%増収―シップHD(医療介護CBニュース)

ヤフーと中国最大手 ネット通販を一体化(産経新聞)

 【杭州(中国浙江省)=河崎真澄】日本のインターネット検索大手ヤフーの孫正義会長(ソフトバンク社長)と中国の電子商取引最大手アリババ・グループの馬雲(ジャック・マー)会長は10日、杭州市内で記者会見し、6月から両社のネット通販を“一体化”する相互取引サービスを始めると発表した。

 日本から中国の商品を日本語で、中国から日本の商品を中国語で手軽にネット注文できる初の試みで、孫氏は「両社の顧客を合わせて世界最大の2億6千万人の電子取引市場が誕生する」と述べた。

 新サービスはネットサイトのヤフー・ジャパンとアリババ傘下のタオバオ(淘宝網)の相互接続で行う。流通コストを省くネット通販の強みを生かし、例えば中国のカシミヤ製マフラー商品の場合、日本国内より平均で85%安く購入できるようになるという。

 また、孫氏は「日本の中小企業が簡単に中国の消費者にPRし、市場参入できるようになる」と述べた。

 代金支払いはクレジットカードなどで行う。輸送や通関も含め商品を自宅まで1週間ほどで配送。手数料などの詳細は6月1日に発表する。

 アリババの馬氏は「日本の市場は深く、中国の市場は広い。相互補完性が高い」と期待を示した。

 中国のネット通販市場は昨年2484億元(約3兆3500億円)で前年比で2倍近く増えたという。アリババにはヤフーの親会社のソフトバンクが一部出資。馬氏はソフトバンクの取締役も兼務している。

【関連記事】
中国製品5000万点、日本語で注文OK ヤフーとアリババが提携
“爆進”ソフトバンク 孫社長の野望を阻む3つの不安
「アジアNO.1」拡大猛進 ソフトバンク、営業益2位浮上
アリババ、輸出支援拡大 日本語で商品登録OKに
Google、中国撤退も
少子化を止めろ!

<強盗>パチンコ店から3人組360万円奪い逃走 千葉(毎日新聞)
普天間移設 さまざまな案「断念」の過去(産経新聞)
報道適切なら国民も理解=内閣支持率下落に菅副総理(時事通信)
大粒、岐阜の特産米「龍の瞳」ヒルズで田植え(読売新聞)
<普天間移設>「5月末決着」鳩山首相また強調(毎日新聞)

【近ごろ都に流行るもの】大人の女性の靴下 優雅に美脚彩る(産経新聞)

 丈夫さや保温性など実用面が重視され、ドレスアップの対極にあると思われていた靴下に異変!? 大人の女性の足下を彩っている。

 昨秋行われた、2010年春夏コレクションのリポートを見て、モデルの脚に目がくぎ付けになった。透けるラメの靴下がエレガントな「ディオール」、ふくらはぎが開いたハイソックスがスポーティーかつセクシーな「アレキサンダーワン」…。「バーバリープローサム」「マルニ」「エルメス」など影響力のあるブランドが多数、靴下を導入していた。モデルの美脚がまとう布の魅力に、はたと目からウロコが落ちる。靴下とは、実に女性的な魅力を演出できる小道具なんだと。

                   ◇

 コレクションから半年。この春の靴下売り場は花が咲いたようににぎやかだ。「2月に発売したシースルーラメの新作が爆発的な人気。品切れでご迷惑をおかけしております」と頭を下げるのは、靴下の製造小売り「タビオ」広報の手塚莉恵さん。この3月、全国269の直営店で女性用靴下の売り上げが前年比13%伸びた。「流行に敏感な女性が多い東京の店では、さらに伸びが顕著」という。

 そんな店のひとつ「靴下屋」代官山店(東京都渋谷区)を訪ねてみる。ヒット中のシースルーラメ靴下(1000〜1200円)は7デザインで各6〜7色あるが、うち店頭に残っているのは半分ほどだった。そのなかで私はシックなカーキ×ゴールドを購入する。薄く柔らかな生地がハイヒールに合いそうでうれしい。去年まで夏場は生足、それが許されそうもない場ではストッキングを履いてガマンしきたが、今年はこんな“大人の靴下“で涼しく過ごせそう。

 「繊細なキュプラ糸を使っているので、ひっかけるとすぐダメになってしまいます。注意してはいてくださいね」と店員さん。これを機に乱暴な動作を改めたい。

 ラベンダー色の最後の一枚を購入していたオシャレな女性会社員(29)は、すっかりこの春靴下の魅力にハマっているという。「靴と同系色でまとめるのも無難でいいと思うけど、私は反対色の差し色でアクセントを付けるのが好き。靴下ひとつで印象が変わり、服の着こなしの幅が広がります」

 単価の安い靴下には、さまざまなデザインや色柄を気軽に試せる魅力がある。すべて日本製で1000円前後の商品が約250種そろう同店では4割近くの客が複数買いという。「森ガールといわれるナチュラルでフェミニンな重ね着スタイルが流行していますが、足下にも重ねばきが広がっていますね」と前出の広報、手塚さん。

 一方、老舗の「福助」では、トレンカの下部を切って靴下にしたような変わり種、トレンカソックスが20代OLらに好評だ。「これまで靴下は、カジュアルになりすぎたり子供っぽく見えたりで、大人の女性のファッションアイテムとして広がらなかったが、トレンカソックスは素材感やデザインがハイヒールに合わせやすく大人っぽい。ファッション誌の評判も上々で、ヒール靴とのコーディネートの紹介などが掲載されはじめたところです」と、同社マーケティング部の樋口遵子さん。

                   ◇

 3月に行われた、2010〜11年秋冬東京コレクション「ケイタマルヤマ」のショーでもカリスマモデルの冨永愛らが靴下をはいていた。重厚なコートやミニドレスから伸びる装飾された脚が、蠱惑的な夢の世界にいざなうようだ。戦後のストッキングの普及とともに、装いの場から消えて久しかった女性の靴下。だからこそなのか!? レトロと新鮮が同居するラグジュアリーな脚に、非日常の妖艶な魅力がみえた。(重松明子)

名古屋市の違法行為認定=税減免措置で最高裁(時事通信)
<口蹄疫>さらに6頭に感染の疑い 宮崎(毎日新聞)
都心で41年ぶり遅い雪 上越新幹線運休、交通乱れ(産経新聞)
「裕福な生活したかった」グッチ偽物ネット販売、容疑の女逮捕 神奈川(産経新聞)
郵便不正、元局長「作文調書」署名求められた(読売新聞)

徳之島怒!鳩山首相が訪問しても入島拒否!!(スポーツ報知)

 平野博文官房長官(61)は19日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設方針を伝えるため、鳩山由紀夫首相(63)が鹿児島県徳之島入りする可能性を認めた。これに対し、同島の伊仙町の大久保明町長(55)が激怒。スポーツ報知の取材に「飛行機が到着しても、鳩山首相はそこから先に入れません」と徳之島入りを拒否。基地移設を巡る鳩山政権の迷走ぶりを批判し、現地入りした場合も会談する意思がないことを明らかにした。

 平野氏は会見で、鳩山首相が徳之島を訪れ、移設候補地として検討したいとの意向を地元自治体に伝えることもあり得る、との考えを示した。移設を徳之島側に正式に打診するかどうかについては答えなかったが「そういうこと(首相の徳之島訪問)も当然、視野に入れながら、政府としてお願いすることはして、説明すべきはする」と述べた。

 18日に徳之島で行われた基地移設反対集会には約1万5000人が集まった。平野氏は「気持ちは受け止めねばならないが、政府として正式に案を説明していない。首相は、説明するならするという気持ちだろう」。鳩山首相は「(徳之島住民の反応は)一つの民意だと理解すべきだ。そういう民意を勉強しながら、政府として普天間の移設先を決めたい」と述べ「不安ばかり募らせてしまったことには、おわびを申し上げなければならない。まだ決めている状況ではない」と釈明した。

 政府は普天間の移設先として、沖縄本島東岸の勝連半島沖埋め立てによる人工島やキャンプ・シュワブ沿岸部陸上を選択肢として残しつつ、「腹案」の徳之島移設を軸に対米交渉に臨む方針。地元関係者の意向などを分析しながら、徳之島入りのタイミングを検討していくとみられる。

 だが、官房長官、首相ともにあいまいな説明を繰り返す姿勢に、徳之島・伊仙町の大久保町長は猛反発している。スポーツ報知の取材に対し、大久保氏は「飛行機が到着しても鳩山首相はそこから先に入れません」と不快感をあらわにし、鳩山首相が同島を訪れた場合でも住民の反対運動により飛行場が封鎖される可能性に言及。「先月、官房長官は徳之島への移設案について『マスコミが言っているだけ。うわさだ』と言った。会う必要もないし、筋が違う」と語気を強めた。

 また、同島の天城町の大久幸助町長(71)も「政府はすでに島を怒らせてしまった。これまで地元に全く説明せず、反対の声が上がった今になって首相が来ると言っても遅すぎる。一国の総理としてきちんと行動してほしい。あきれている」と批判。徳之島町の高岡秀規町長(50)も「今、会えば容認するのではないかと誤解されてしまう」と話している。

 平野氏は、移設問題が5月末までに決着しない場合でも「国民の期待に沿う政策遂行の気持ちを持ち続けていれば、何ら進退問題にならない」と語ったが、首相の進退問題が強まり政局が流動化する可能性も出てきた。

 【関連記事】
平野博文 官房長官 普天間飛行場 を調べる

事故調漏えい、JR西2社員を取り調べ(読売新聞)
<名古屋市議会>恒久減税など再提案 可決可能性低く(毎日新聞)
アイスランド火山噴火、経済的損失「数百億円以上」(産経新聞)
大阪・住之江で路上強盗(産経新聞)
雑記帳 高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬(毎日新聞)

09年医薬品売上高、高成長を実現―バイエル薬品(医療介護CBニュース)

 バイエル薬品は4月6日、2009年度業績報告説明会と記者懇談会を開催し、09年の医療用医薬品事業の売上高は1715億円、成長率は9.3%だったと発表した。08年成長率0.5%を大きく上回っている。

 同社のジャン-リュック・ロビンスキー社長は成長をけん引した製品として、高脂血症治療薬「ゼチーア」、高リン血症治療薬「ホスレノール」、抗がん剤「ネクサバール」、MRI用肝臓造影剤「EOB・プリモビスト」の4製品を挙げた。
 10年の同事業の展望については、「開発を推進し、未充足の医療ニーズに応える」などとした。また、10年に日本で予定しているか現在実施中のフェーズ2、3試験は、抗凝固薬「リバロキサバン」、肺高血圧症治療薬「リオシグアト」など24プロジェクトで、07年の臨床試験数8 プロジェクトの3倍に上ることを指摘。「業界でも最も魅力的なポートフォリオ」と自信を見せた。
 具体的に貢献できる未充足の医療ニーズがある領域としては、「がん」「卒中」「眼科」の3つを挙げた。「がん」については、「ネクサバール」(現在の適応は腎細胞がん、肝細胞がん)の適応をさらに拡大していくとしたほか、「卒中」では現在、フェーズ3試験を実施中の「リバロキソバン」がこの領域に強力に貢献できると強調。「眼科」については、失明の主な原因となっている加齢黄斑変性症を対象にした「VEGF Trap-Eye」を有望な開発品としている。

 また、4月から適用された新薬価制度の影響についてロビンスキー社長は、09年実績を新薬価で計算すると「約7%のマイナス」とした上で、10年の業績への影響については、新製品が成長し、ポートフォリオにおける比率が高まるため、実際には7%より小さくなるとの見通しを示した。また、同制度は「中長期的にはイノベーションを追求するわたしたちのような会社には、良い影響があると考えている」と強調した上で、「日本がイノベーションを受け入れる医薬品市場となるための大変前向きな一歩」と評価した。ただ、平均の市場の薬価差(加重平均乖離率)を超えた場合、新薬でも加算の対象から外れることから、「他の市場のプレーヤーと協力しながら、価格の規律を保つことを市場に訴えていくことがわたしたちの重要な役割」と述べた。
 さらに現在、学会や患者会から厚生労働省に寄せられている未承認薬・適応外薬の開発要望374件の中に、同社の2成分3適応が含まれていることに触れ、「開発要請についても百パーセント注力していくことを考えている」と述べた。


【関連記事】
バイエルの抗がん剤の製造販売承認を承継―ジェンザイム・ジャパン
バイエルの不整脈治療剤を承継―ホスピーラ・ジャパン
閉経後骨粗しょう症治療薬を発売―バイエル薬品
未承認薬・適応外薬の開発要望評価が難航
未承認薬・適応外薬問題解消へ―厚労省の検討会議が初会合

エコカー補助金、1年間で2865億…多い? 少ない?(レスポンス)
お台場で大量発炎筒燃える=メーカー男性引っ越し中、一時騒然−東京(時事通信)
中田氏、新党理念は「自立」 “たちあがり”方に注目も(産経新聞)
橋下知事「トップの僕らの責任で、事務方に申し訳ない」 関西3空港懇談会(産経新聞)
愛子さま、始業式後の授業にご出席(産経新聞)

給食パン、原則米粉入りに=県レベルは全国初−岡山県(時事通信)

 今年度から、岡山県の小中学校の給食に出るパンが原則、米粉入りになる。県内の市町村に給食食材を供給する財団法人岡山県学校給食会が、食育のきっかけづくりや、県産米の地産地消を狙いに、県産米粉を使ったパンを導入する。同会によると、全県レベルで、米粉パンを常に供給するのは全国で初めてという。
 同会がパンを供給するのは全27市町村のうち25市町村の小中学校約580校。残る美咲町は米飯のみでパンは出さず、奈義町は米粉パンを独自調達するため、県内の給食パンは一律米粉パンになる。一方で、同会は、市町村から要望があった場合は、小麦粉100%のパンも提供する。
 米粉パンは、県産米を県内工場で製粉した米粉20%、小麦粉80%の割合で製造。費用は、小麦粉100%に比べて1個当たり約3円80銭高くなるが、少額のため、給食費には影響しない見通し。パンが主食の給食は年46回程度あり、年間の米粉使用量は約100トンになる。 

【関連ニュース】
満額支給、修正を示唆=子ども手当、給食費にも
市立小給食から縫い針=京都・城陽
ご当地グルメのギョーザで宣言=津市〔地域〕
給食米から基準超のカドミウム=1500人以上に
滞納給食費天引き、10年度は見送り=子ども手当で

大相撲行司が虐待、3歳長男にけがさせ逮捕(読売新聞)
<掘り出しニュース>野球で地域振興を−−徳島・阿南市が「推進課」新設(毎日新聞)
拉致家族ら追加制裁要請=中井担当相に「送金・渡航全面禁止を」(時事通信)
<新型インフル>水際対策の効果「限定的」 国際チーム解析(毎日新聞)
日本の技術を国際標準化=「知財」推進で三つの柱−政府(時事通信)

<自民党>改革色強く打ち出す 国家公務員法等改正案の対案(毎日新聞)

 自民党は31日、政府の国家公務員法等改正案の対案をまとめた。(1)天下りのあっせん禁止違反に罰金刑(2)事務次官や局長の一般職への降格も可能にする幹部公務員法制定(3)総人件費抑制のための給与法見直し−−を盛り込み、政府案より改革色を強く打ち出した。4月1日に正式決定し、公明党とみんなの党に今国会への共同提案を呼びかける。

宅八郎氏を起訴猶予=男性への脅迫事件−神戸区検(時事通信)
市町村への権限移譲、26%どまり=府省庁回答−地域主権戦略会議(時事通信)
<天気>近畿、冷え込む 金閣寺も雪化粧 (毎日新聞)
「規制改革庁」創設を=経済同友会が提言(時事通信)
国歌斉唱「声小さい」 橋下知事、任命式で一喝(産経新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
審査 甘い キャッシング
借金整理
債務整理 無料相談
情報起業
2ショットチャット
ブラック キャッシング OK
現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 小学生の4人に1人は「缶けりをしたことがない」――その理由は?(Business Media 誠)
    まさひろ (06/26)
  • 小学生の4人に1人は「缶けりをしたことがない」――その理由は?(Business Media 誠)
    メタボリッ君 (06/20)
  • 他人まね嫌う大阪人…ラーメン根付かぬ文化のなぜ?(産経新聞)
    へらちょんぺ (06/13)
  • <大麻所持容疑>大阪府立高教頭逮捕、学校も捜索 奈良県警(毎日新聞)
    森森広太郎 (04/03)
  • 施設運営理事長らを逮捕=老人ホーム10人死亡火災−業務上過失致死容疑・群馬県警(時事通信)
    ちょめ太郎 (02/13)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM